過去の公演

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京シティオペラ協会公演

ドン・ジョヴァンニ

2022年9月29日(木)30日(金)

府中市市民活動センター プラッツ バルトホール

府中市宮町一丁目100番地 ル・シーニュ5F

ナレーションつき原語上演

18:00開場18:30開演

入場料6,000円(全席自由)

指揮:草川正憲

演出/ナレーション:川村敬一

ピアノ:大杉祥子

出演     9月29日   9月30日

Don Giovanni   山田 大智      別府 真也

Leporello          平賀 僚太      神田 宇士

Don Ottavio      土崎 譲         安藤広河

Masetto            室岡 大輝     小野 隆伸

Donna Elvilla    高井 千慧子  加藤 麻子

Donna Anna     小宮 順子      船津 里子

Zerlina              市野 梨沙     藤田 真由

騎士長              寺西 丈志     松橋 孝人

主催 東京シティオペラ協会

後援:スガナミ楽器

お問合わせ:東京シティオペラ協会 042-307-5500

mail: info[at]tokyo-city-opera.jp

HP: http://www.tokyo-city-opera.jp

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

東京シティオペラ協会特別公演

名歌手たちの響演

東京シティオペラ協会が誇る名歌手たち

“絢爛豪華”なひととき

2022年5月21日(土) 12:30開場13:00開演

出演

大石 洋史(Br) 川村 敬一(Ten) 小宮 順子(Sop)

杉原 良子(Sop) 福田 美樹子(Sop) 丸山 恵美子(Sop)

三浦 義孝(Ten) 三上 佳子(Sop) ピアノ:大杉 祥子/金子 渚

主な演奏曲

Andrea Chenièr(アンドレア・シェニエ)より

Nemico della Patria 祖国の敵 Giordano

Tosca(トスカ)より

E lucevan le stelle 星は輝きぬ Puccini

Le Villi( 妖精ヴィッリ)より

Se come voi もしお前たちのように Puccini

Les pêcheurs de perles( 真珠とり)より

Comme autrefois 昔のように Bizet

Fiançailles pour rire 「偽りの婚約」 全6 曲 Poulenc

からたちの花 山田耕筰  他

高輪プリンセスガルテン AMBIENTE (JR品川駅下車6分)

入場料:4,000円(全席自由)

主催:東京シティオペラ協会/後援:スガナミ楽器

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

村﨑葵

メゾ・ソプラノ リサイタル

~渡仏を控えた等身大の歌声~

ピアノ:村上 彩子

2022年5月21 日(土)

17:00開場 17:30開演

高輪プリンセスガルテン 「AMBIENTE(アンビエンテ)」

全席自由 4000円

演奏曲目

 中田喜直 「ゆく春」

 G.フォーレ「ヴェネツィアの5 つの歌」

 G.ロッシーニ オペラ『ラ・チェネレントラ』より

 「悲しみと涙のうちに生まれて」 他

   ※曲目は変更となる場合があります

主催:東京シティオペラ協会 後援:スガナミ楽器

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Concerto lirico di Natale

《クリスマス・オペラコンサート》

2021年12月25日(土)18:00開場・18:30開演

仙川フィックスホール

京王線仙川駅より徒歩2分

料金:全席自由・4,000円

配信チケット:2,000円

主催:東京シティオペラ協会

【出演】  

秋山 隆典(Br.)祝 佳ヰ子(Sop.)岩崎 京子(Sop.)中野 智貴(Ten.)

水月 恵美子(Pf.)

【演奏予定曲】

ヴェルディ/トロヴァトーレからレオノーラのアリア「静かな夜」

プッチーニ/ボエームから「冷たき手」

グノー/ファストから「宝石の歌」

ヴェルディ/椿姫から「プロバンスの海と陸」

ボエーム「4重唱」、トスカ「2重唱」、セビリアの理髪師「2重唱」

クリスマスソング、etc.

興味がある人は是非聴きに来て下さい。コロナ過の中なので、配信もします。

この公演は「プレミア配信」として、ライブ配信チケットも同時販売しています

全国各地どこででも観賞する事が出来ます。

コロナ過の中、会場に来られない方にお勧めします。

配信のチケットは半額の¥2000です。

配信チケット購入の際はコメント欄に秋山隆典から購入と書いて下さい。

下記のアドレスから購入出来ます。

https://twitcasting.tv/c:tokyocityopera/shopcart/111258

クリスマス・オペラコンサート

視聴期限: 2022年1月8日(土) 23:59 まで - ツイキャス (twitcasting.tv)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

12/24(金) 18:30開演

大石洋史バリトンリサイタル

~情熱のクリスマス・イヴ~

日時:2021年12月24日(金)18:00開場・18:30開演

会場:仙川フィックスホール

料金:全席自由・5,000円

配信チケット:2,500円

主催:東京シティオペラ協会

◆出演者

〔バリトン〕大石 洋史

〔ピアノ〕金子 渚

◆演奏予定プログラム

・忘れな草/Non ti scordar di me

・“ザザ”より ザザ、小さなジプシー/Zaza, piccola zingara

・“マラヴィージャ”より 愛しい人、私の人生/Amor, vida de mi vida

【配信チケット(ツイキャス)について】

スマートフォン、パソコンからリアルタイムでコンサートをご視聴いただけるチケットです。

チケットの購入・閲覧にはツイキャスへの登録が必要となります。

配信チケットをお求めの方は、下記URLよりご購入をお願いいたします。

※ご購入の際は、【どなたのご紹介でこの公演をお知りになったか】のご記入をお願いいたします。

販売ページ:https://twitcasting.tv/c:tokyocityopera/shopcart/99714(外部サイト)

〈ツイキャス配信に関する注意事項〉

※本チケットはツイキャス視聴専用になります。

このチケットで当日ホールにご入場いただくことはできません。

※オンライン配信における動画音声の録音録画・URLの無断転載は禁止です。

※通信状況により、音声・映像等に乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。

※Wi-Fi環境でのご視聴を推奨いたします。お客様の視聴環境によって、スムーズに視聴が出来ない場合、

当方は一切の責任を負いません。返金もお受けできません、予めご了承ください。

※開演中のオンライン視聴はリアルタイム配信となっており、開演時間を過ぎて視聴を開始した場合、

初めからではなく、その時点の演奏から視聴することとなります。

※チケットからオンライン配信へのアクセスは、ご購入されたお客様の端末1台のみとします。

※配信のアーカイブは公演から2週間後の、2022年1月7日(金)までとなります。

おーちゃんブログ “ちゃおちゃも~れ ~un'aria di Yoji~”   は、こちらから

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

2021年12月11日(土)19:00開演

加藤麻子 メゾソプラノコンサート

日時:2021年12月11日(土)18:30開場19:00開演

会場:仙川フィックスホール

料金:来館チケット4,000円/配信チケット2,500円

主催:東京シティオペラ協会

出演:加藤 麻子(メゾソプラノ)渡邉 千春(ヴィオラ)河合 丈則(ピアノ)

演奏予定プログラム

R.シューマン「女の愛と生涯」Op.42

C.シューマン「3つの歌」Op.12

J.ブラームス「2つの歌」Op.91

H.ヴュータン「エレジー」Op.30

P.I.チャイコフスキー オペラ『ジャンヌ・ダルク』より「さらば 森よ!」  他

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日時:2021年12月10日(金)17:30開場・18:00開演

杉原良子&中野由弥 ジョイントリサイタル

料金:来館チケット 4,000円/配信チケット 2,500円

主催:東京シティオペラ協会

お問合わせ042-307-5500

◆出演者

〔ソプラノ〕杉原 良子 〔メゾソプラノ〕中野 由弥 〔ピアノ〕織田 麻祐子

◆演奏予定プログラム

ヴィヴァルディ/我らは主をたたえ

モーツァルト/『フィガロの結婚』より 自分で自分がわからない

ベッリーニ/私のフィッレのやつれ果てた影よ

アーン/クロリスに

カタラーニ/『ワリー』より さようなら、ふるさとの家よ

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【古典芸能風オペラ寄席】

日時:2021年11月28日(日)18:00開場・18:30開演

会場:仙川フィックスホール

料金:木戸銭 4,000円/配信チケット 2,500円

主催:東京シティオペラ協会

お問合わせ042-307-5500

古典芸能の事務所にお世話になってるので、こちらを企画してみました☆

"古典芸能風オペラ寄席"歌劇『RITA』

舞台上を高座に見立てて正座の我慢比べ・・・ではなく、寄席演芸としてオペラを演じてみようかと。

前半は寄席入門として自分が学んだ寄席の解説コーナーからガラコンサート。

後半はオペラ寄席としてRITAをやります。

何と今回のために寄席文字のお師匠さんにめくりも書いていただきました(コレを見に来るだけでも価値ありです☆)

◆出演者

川野浩史 カワノヒロフミ(テノール)

プロフィール

昭和音楽大学に学ぶ。豊かな高音・優れた体格に裏付けられた、叙情的な表現力を持つ幅広いオペラレパートリーを持つテノールである。2013年ルーマニア国立コンスタンツァ歌劇場において『ランメルモールのルチア』エドガルドでヨーロッパデビュー。2014年ロシア・ウラジオストク交響楽団特別演奏会では満場の聴衆からスタンディング・オベーションで喝采を博した。更に2015年ルーマニア国立コンスタンツァ歌劇場において、『椿姫』アルフレードを好演。東京サロンシンフォニーオーケストラ専任テノール歌手として学校を対象に芸術鑑賞会で全国を回っている。一般社団法人東京サロンシンフォニーオーケストラ役員

《出演作品》

ヴェルディ『リゴレット』マントヴァ公爵、『椿姫』アルフレード、『仮面舞踏会』リッカルド、『ファルスタッフ』カイウス、『オテロ』カッシオ、プッチーニ『ラ・ボエーム』ロドルフォ、『蝶々夫人』ピンカートン、『トスカ』カヴァラドッシ、『ジャンニ・スキッキ』リヌッチョ、ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』エドガルド、『愛の妙薬』ネモリーノ、ロッシーニ『絹のはしご』ドルヴィル、『ラ・チェネレントラ』ドン・ラミーロ王子、『ランスへの旅』リーベンスコフ伯爵、マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ、モーツァルト『魔笛』タミーノ、シュトラウス『こうもり』アルフレード、アイゼンシュタイン、レハール『メリーウィドウ』ダニロ。

中畑有美子 ナカハタユミコ(ソプラノ)

プロフィール

昭和音楽大学声楽学科卒業。ヴェネツィア国立音楽院修了。

Marco GANDINI演出のオペラ『ピア・デ・トロメイ』ビーチェ役にてオペラの初舞台を踏む。以後フェニーチェ歌劇場公演『絹のはしご』ジューリア役、『愛の妙薬』アディーナ役、『コジ・ファン・トゥッテ』デスピーナ役、『ラ・ボエーム』ムゼッタ役、『リゴレット』ジルダ役、『トゥーランドット』リュウ役、『ジャンニ・スキッキ』ネッラ役、2018年より文化庁の文化芸術による子供の育成事業の巡回公演・藤原歌劇団『助けて 助けて 宇宙人がやってきた!』にエミリー役で出演中、他多数のオペラに出演。

ゲームソングボーカル、子供向け音楽劇、インターネットラジオなどクラシックジャンル以外にも活動の場を広げている。

第42回イタリア声楽コンコルソにてミラノ大賞受賞。昭和音楽大学非常勤講師。藤原歌劇団団員。女声アンサンブル「OTTO GIGLI(オットジーリ)」メンバー

高田智士 タカダサトシ(バリトン)

国立音楽大学卒業、同大学院修了。新国立劇場オペラ研修所8期生修了した後、ドイツに留学。ダルムシュタット音楽院オペラ科を優秀な成績で修了し、現地において多くの演奏会やダルムシュタット州立劇場の公演に出演した。帰国後は様々なオペラに出演している。二期会オペラ劇場では「金閣寺」鶴川役、「椿姫」ドゥフォール役などを好演した。またコンサートソリストとしても活躍している。二期会会員。

谷塚裕美 ヤツカユミ(ピアノ)

国立音楽大学ピアノ科を卒業。

イタリア短期留学を経て、2012年に、オペラ・オペレッタ・クラシック企画演奏団体Y's company(ワイズカンパニー)を発足、代表兼専属ピアニストとして団体を牽引。また、テレビドラマ等のメディアでも精力的に活動する傍ら、後進の指導にあたる。湧き出でる情感豊かな表現力により満たされた音楽で、共演者から強い信頼を得ている。

Y's companyホームページ


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

2021年10月23日(土)18:30開演

小川和隆&大野元毅

クラシックギター・ジョイントコンサート

日時:2021年10月23日(土)18:00開場・18:30開演

会場:仙川フィックスホール

料金:来館チケット(前売り)3,000円(当日)3,500円/配信チケット2,000円

主催:東京シティオペラ協会

お問合わせ042-307-5500

◆出演者

小川 和隆

大野 元毅

◆演奏予定プログラム

ボヘミアン・ラプソディー/クイーン〜江部賢一編

子供の情景より/R.シューマン〜長谷川雅子編

ティコティコ(ショーロ)/Z.アブレウ

白い小鳩(ワルツ)/A.アイエタ


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


2021年8月29日(日)

東京シティオペラ公演

Cosi fan tutte



2021年7月20日(火)

川村敬一 思い出の歌

2021年7月20日(火)

仙川フィックスホール

開演14:30(開場14:00)

リサイタルにお越しいただいたお客様からメッセージを頂いています。

ありがとうございます。

本日はとっても素敵なコンサートにお声がけをいただき、本当にありがとうございました!

大変お疲れ様でした。

久しぶりのコンサートで存分に楽しませていただきました。

いつもの美声はさることながら、朗々とした熱唱に元気をたくさんいただきました。

プログラムは何曲も私達の思い出にも繋がり胸が熱くなりなりブラボーの連発でした。ありがとうございました。

暫く酷暑も続きそうですので、どうぞゆっくりお休み下さいませ。。



2021年5月8日(土)

東京シティオペラ協会特別公演

イタリアを歌う

東京シティオペラ協会の5月8日のコンサートは、ツイキャスによるオンライン配信となりました。

下記をご参照しツイキャスにご登録の上、是非ご参加下さい。5月22日までアーカイブでも御覧になれます。

なお公演は、

第一部 12:00

第二部 15:00

第三部 18:00

の3部に分かれています。

フライヤーでは、リアル開催の予定だったので入場券4,000円となっていますがオンライン会費は2,000円となっております。

【配信チケット(ツイキャス)について】

スマートフォン、パソコンからリアルタイムでコンサートをご視聴いただけるチケットです。

チケットの購入・閲覧にはツイキャスへの登録が必要となります。

配信チケットをお求めの方は、下記URLよりご購入をお願いいたします。

※ご購入の際は、【どなたのご紹介でこの公演をお知りになったか】のご記入をお願いいたします。

〈ツイキャス配信に関する注意事項〉

※本チケットはツイキャス視聴専用になります。

このチケットで当日ホールにご入場いただくことはできません。

※オンライン配信における動画音声の録音録画・URLの無断転載は禁止です。

※通信状況により、音声・映像等に乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。

※Wi-Fi環境でのご視聴を推奨いたします。お客様の視聴環境によって、スムーズに視聴が出来ない場合、当方は一切の責任を負いません。返金もお受けできません、予めご了承ください。

※開演中のオンライン視聴はリアルタイム配信となっており、開演時間を過ぎて視聴を開始した場合、初めからではなく、その時点の演奏から視聴することとなります。

※チケットからオンライン配信へのアクセスは、ご購入されたお客様の端末1台のみとします。

※配信のアーカイブは公演から2週間後の、2021年5月22日(土)までとなります。

以下にアドレスをお知らせします。

【第一部】https://twitcasting.tv/c:tokyocityopera/shopcart/71150

【第二部】https://twitcasting.tv/c:tokyocityopera/shopcart/71213

【第三部】https://twitcasting.tv/c:tokyocityopera/shopcart/71216

--------------------------------------------------------------------------------

美しく映える新緑の下、コロナに負けずに歌います

2021年5月8日(土)

ムジカーザ(代々木上原駅下車3分)

入場料:各部4,000円

   ( 全席自由)

ご来場の際はマスクをご用意ください

3公演

〔第一部〕11:30 開場12:00 開演

〔第二部〕14:30 開場15:00 開演

〔第三部〕17:30 開場18:00 開演

出演

〔第一部〕

伊藤 友理枝(ソプラノ) 井上 知里(ソプラノ)    大橋 郡子(ソプラノ)

神田 宇士 (バリトン) 久利生 悦子(メゾソプラノ) 三浦 義孝(テノール) 

特別出演 川村 敬一(テノール)   

〔第二部〕

浅野 和馬(テノール)   大津 佐知子(ソプラノ) 大附 仁美(ソプラノ) 

加藤 麻子(メゾゾプラノ) 堀江 恵美子(ソプラノ) 村崎 葵(メゾソプラノ)

特別出演 小宮 順子(ソプラノ)

〔第三部〕

秋山 隆典(バリトン) 大石 洋史(バリトン) 川野 浩史(テノール) 

杉原 良子(ソプラノ) 柳 真理子(メゾソプラノ) 

特別出演 丸山 恵美子(ソプラノ) 

ピアノ:伊倉 由紀子・片桐 由里亜

司会:川村 敬一・小宮 順子

主催:東京シティオペラ協会/お問合せ:042-307-5500

Mail:keiichi19450618@outlook.jp https://tokyo-city-opera-1994.amebaownd.com/

--------------------------------------------------------------------------------



2020年10月4日(日)

川村敬一

美しき水車小屋の娘 を歌う

歌曲集 Die schöne Müllerin 美しき水車小屋の娘 全20曲

Franz Schuber 曲 Wilhelm Müller 詩

ピアノ 大杉祥子  プレトーク 三上佳子

常に全力投球で聴衆の心を捉え感動を呼ぶ川村敬一

2015年の「冬の旅」に続いて

50年間の歌手人生のすべてをかけ歌いあげます。

2020年10月4日(日)13:00開場 13:30開演

ムジカーザ<小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅下車5分>

入場料:8,000円(60名様限定) ご来場の際にはマスクをご用意ください。

主催:東京シティオペラ協会

お問合わせ:042-307-5500 Mail:keiichi@tokyo-city-opera.jp

リサイタルにお越しいただいたお客様からメッセージを頂いています。

ありがとうございます。

久しぶりのコンサートで存分に楽しませていただきました。

いつもの美声はさることながら、朗々とした熱唱に元気をたくさんいただきました。

プログラムは何曲も私達の思い出にも繋がり胸が熱くなりなりブラボーの連発でした。ありがとうございました。

暫く酷暑も続きそうですので、どうぞゆっくりお休み下さいませ。。

--------------------------------------------------------------------------------

リサイタルにお越しいただいたお客様からメッセージを頂いています。

ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------

2020年10月4日、川村敬一が歌う「美しき水車小屋の娘」を聞きに行った。

結果は、大満足の一日だった。

川村さんは、常々朗々たる美声で、豊かな高温を響かせ、オペラ・アリアやカンツォーネで、我々を感動させてくれる半面、繊細な表現力も併せ持つ不思議な歌手だと思っていた。今回の「美しき水車小屋の娘」は、この歌曲集が“ドラマだった”のか、と新しい発見に納得させられる演奏だった。川村さんは、Piano-Pinissimoという、最弱音を存分に駆使して演出し、陰影の深いドラマが目の前を通り過ぎて行った。私はこの歌曲集に関してはそれほど詳しいわけではないが、以前に聞いた世界的な歌手のCDでは、単に美しい声を聞いただけで、これほどのドラマを感じることはなかったように思う

修業の旅に出る青年の意気揚々とした、しかし希望と不安に溢れた心情、① Das Wandern(さすらい)、② Wohin?(どこへ?)から、水車小屋での少女との出会い、恋。そして彼女への気持ちが通じたと思い、喜びに溢れてうたう⑪ Mein!(僕のもの!)に至る、心の高揚が見事に歌い上げられていた。

休憩をはさんで、恋敵の出現から焦りと苛立ち⑭ Der Jäger(狩人)、⑮ Eifersucht und stolz(妬みと誇り)に始まり、失恋・ 絶望、やがて死を覚悟するに至る⑲ Der Müller und Der Bach(水車職人と小川)。そして鎮魂歌ともいえる⑳ Des Baches Wiegenlied(小川の子守歌)と、刻々と変化していく心情を見事に歌い上げ、聞いている筆者をぐいぐいと引き込んでくれた。

プレトークの三上佳子さんの、これもまた美しい声で語られる適切な内容の解説は、川村さんの歌を助けるに充分であり、ドラマを形作っていた。ピアノの大杉祥子さんは、美しく多様な音色を駆使して、ドラマをぐいぐいと引っ張り、それは単なる伴奏の域ではなく、力と力をぶつけ合った、まさに真のアンサンブルを聞く思いがした。今回は三者三様ながら、三つの力ががっぷりと組み合わさった、“総合芸術”を聞いた感が強くした。

川村さんの歌は、聞いている私たちの心の中に、遠慮なく腕を突っ込んで引きずり出す力があり、今回もまた十分に満足し、感動を味わうことができた演奏だった。いろいろな思いを抱きながら、温かい気持ちを胸に、幸せな気持ちで帰りの小田急線に乗った。(H.K)

--------------------------------------------------------------------------------

私にとって、初めてコンサート会場で聴いた「美しき水車小屋の娘」でしたが、これから先、これ以上の「美しき水車小屋の娘」に出会えるのか?というような、素晴らしい名演でした。

ストーリーはとてもドラマチックでありながら、譜面上はとてもシンプルで単調…どのような音楽が紡ぎ出されるのだろうかと楽しみに伺いましたが、冒頭の前奏の第一音から、まるで絵画を見ているかのような、はたまた19世紀初頭にタイムスリップしてしまったかのような…情景の描写と若者の心情の表現が見事に相まって、瞬く間にシューベルトの音楽の世界に惹き込まれていきました。以前師匠から、「表現とは、音で絵を描くことだよ」との教えをいただいたことがあり、そのお言葉がずっと心に残っておりましたが、まさにこの事か!とハッとさせられました。この感動を忘れないよう、ずっと記憶に留めておきたいと思います。沢山の気づきと感動を、ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------------------

1823年シューベルトによって作曲された『美しき水車小屋の娘』は、粉職人の青年が当時ドイツで発達した「徒弟制度」で経験を積んで親方になるべく修業の度に出て、恋をし、その恋にライバルが出現、想いは叶わず、小川に入水自殺をしてしまう、という一つの物語を描いた連作歌曲です。全20曲、演奏時間約60分。2020年10月4日日曜日の午後、このシューベルトの三大歌曲集の一つともいわれるこの名曲『美しき水車小屋の娘』の生演奏を、じっくりと、集中して聴かせていただくことが出来ました。

 三上佳子さんのしっとりとした上品なお声と選び抜かれた美しい言葉によるプレトークにより、21世紀の東京にいるにも拘わらず、気持ちが19世紀のウィーンへと誘われ、目の前の空間の景色すら変わっていくような気持ちになり、青年の物語へと意識が羽ばたいていきます。

そして、大杉祥子さんのピアノは、青年のいる風景、小川のせせらぎや風の音、水車の回る様子、岸辺の花など、目の前にその風景が見えてくるよう。また、それらは青年の気持ちともリンクし、様々な表情や揺れ動く感情を、節度を保った品のある演奏ながらドラマティックにこちらに訴えてきて、一台のピアノが演奏しているとは思えない音色がホールに響きます。

そこに歌われるテノール川村敬一さんの粉職人の青年のドラマ。未来への希望に溢れ、輝かしい若さに溢れる粉職人の青年の声そのものを聴いているかのようなクリアで溌剌としたお声。そうかと思うと、恋した青年の切ない心が現れる繊細かつ純粋でナイーブな声色。恋敵、想い人、そして自分への激しい葛藤、そして自らを殺めてしまうほどの失意のつぶやき。これら青年の生きた情熱を全て魅せる圧巻の表現力に、時間を忘れ、水車小屋の青年の物語に浸るひとときでした。

市民の小さなサロンがたくさん開かれていた19世紀。シューベルトの周りにも多くの芸術家や愛好家が集まった“シューベルティアーデ”が開かれていました。2020年10月4日日曜日の午後、代々木上原にあるアコースティックコンサートホール MUSICASA(ムジカーザ)は、まさに19世紀のサロン“シューベルティアーデ”のようでした。

--------------------------------------------------------------------------------

・久しぶりの都心でしたが、素敵なムジカーサの建物、テンポよい詩的な三上さんの解説、そしてイタリアの歌曲やカンツォーネとは対照的な川村先生の繊細な調べ、息ぴったりの大杉さんのピアノとどれをとっても素晴らしく、上質な時間を過ごさせていただきました。次回の公演を楽しみにしております。

・夏のコンサートは一旦の締めくくりとなりましたが、それから1カ月強がたち、ところかわって新たに代々木上原のモダンな会場でまた先生の唄声を楽しむことができ、初秋にマッチした郷愁溢れる歌曲を楽しませていただきました。初めての水車小屋でしたが、先生の唄声はもちろん、三上さんのガイドもあり吸い込まれるようにその情景に入り込むことができました。

--------------------------------------------------------------------------------

ブラボ―!と私たち仲間は叫んで立ちあがったのです!

指導を受けているコーラスの団員だからではなく、一聴衆として、心を満たしてくださった、一演奏家に対しての素直な気持ちからでした。後期高齢者になられたにも拘らず、常に音楽に挑戦する姿勢にはいつも驚かされています。この大作ドイツ歌曲を歌うのに、半年以上の準備が必要だったと語られました。それも日常の仕事をこなしながらです。この姿勢は、若者にも、年を重ねたものにも勇気を与えてくださった。また今日のコンサートは、歌、ピアノ、解説の総合芸術ではないかと思いました。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------



2020.8.29(土)

川村敬一 星降る高原のコンサート Finalコンサート

コンサートにお越しいただいたお客様から次々とメッセージを頂いています。

ありがとうございます。

-------------------------------

 毎年8月末に開催される「星降る高原のコンサート」は、4、5年前から毎年のように出かけるようになった私にとって、ひとなつをしめくくる贅沢な時間です。毎年楽しみにしていますが、なんと今年が最後とのこと。コロナの状況も気になってはいましたが、それもあって例年よりこじんまりとしたイベントとして決行される模様との情報から、以前より興味を寄せてくれていた親友にも声をかけて出かけてきました。

 清里に着いたらまず萌黄の村でクラフトビールをいただき、ハットウォールデンでの絶品コースに舌鼓。特に今年はコロナですっかりこもりがちになっていたこともあり、この上ない至福の時、、、そしてクライマックスが川村さんのコンサート。川村さんの唄は前菜ですっかりゆるんだ体にしみこんできて、気づいたらじわっと涙が頬を伝うほど。さらにゲストの丸山さんのやわらかながら激しい唄に痺れ、大杉さんのソロピアノのジャズがまた圧巻!最後のデザートまで一切手抜きのない、贅沢すぎるほどのフルコース。今年も満腹で動けないほどなのに、最後は素敵なバーでひと時を締めくくるという大満足のイベントでした。

 来年以降はまた場所を移して、ということとなるかと思いますが、毎年のこの夏のフルコースをこれからも楽しみにしていますのでどうぞよろしくお願い致します!

-------------------------------

 「星降る高原のコンサート」の参加はこれで5回目くらいかと思います。夏の終わりのこの大きなイベントは、暑い夏を乗り越えた自分へのご褒美だったのですが、しかしなんと大変残念ながら今年で終わりとなってしまいました。

 今年も川村さんの体全体を震わせて表現してくださる唄はもちろん、溢れ出るトークや絶妙な伴奏との掛け合い、そしてゲストの丸山さんの類なきソプラノの響きに胸を撃たれ、素晴らしい締めくくりの会となりました。コロナ禍にも関わらず、無事にこのイベントを開催してくださり、感謝の思いでいっぱいです。

 ですが、また違う新たな形でのこのコンサートがこれからもずっと続いていくのを心から楽しみにしています!

-------------------------------

 40年間続けていらした星降る高原のコンサートが最後になるということで、宮城県から清里に足を運びました。

 音楽は好きだけど、オペラを見たことがなかったわたしにも入りやすい選曲でした。

 甘い甘いうっとりするような川村さんの歌声で、ヨーロッパに脳内トリップした気分。

 自分がどこにいるのかわからなくなるような感覚でした。夢の中にいるような時間。

 ゲストの丸山さんと川村さんとのデュオでは、涙がポロリと頬を伝っていました。マスクをしていてよかった…(笑)

 途中のピアノソロも、スパイスが効いていて楽しさ倍増。ノリノリで聞かせて頂きました。

 少し時間が経ってしまいましたが、レビューを書くことで、あの夜のことを思い出し、高原での幻想的なひとときをふたたび味わうことができました。

 ありがとうございました。

-------------------------------

コンサートにお越しいただいたお客様からメッセージを頂戴いたしました。

ご紹介させて戴きます。

ありがとうございました。

去る8月29日、山梨の清里で行われた「星降る高原のコンサート」に出掛けた。

一度惹き込まれたら、逃げられない。川村敬一氏の紡ぎ出す世界は恐ろしいくらいだ。

始めコンサートはリートで幕が開いたのだが、特にppいやpppで語る彼の歌声を聴いたら、女性も男性もコロッといってしまう。

実は私は初めて彼のリートを拝聴したのだが、どの言葉も生きていて、それはまるで彼の口から目には見えない真珠が宙に紡ぎ出され、彼がそれに1つ1つ生命(いのち)を与えているかのようだった。気づいたら何だか心がホクホクしている。そう愛に溢れているのだ。このような体験は初めてだった。

そうだ、私はイタリアものを朗々と歌う彼のA面しか知らなかったのだ。

もちろんプログラムにはアリアも含まれていたが、恐るべきはC面もあったこと。それはウエストサイドストーリーのMariaを歌い始めた時のこと。それまでのアリアで魅せていた歌とは、全く違う面をみせてくれたのだ。言葉で表現するのはなかなか難しいのだが、ひと言で言うならば「きまっている」だろうか。コンサートなのでもちろん大道具などはないのだが、あたかもミュージカルの舞台にたっているかのように見せてしまうのだ。

全く違う3つの面をみせてくれるコンサート、こんな贅沢があるだろうか? もうすっかり彼の創り出す世界の虜になっしまった私…。この興奮はなかなか冷めそうにない。

公演は無事終了いたしました。

ご来場の皆様から心のこもった温かい拍手を頂きました。

翌朝まで眠れなかった、というお客様もいらっしゃいました。

涙涙のコンサート!

ありがとうございました。


Final 川村敬一 「見果てぬ夢」を見る

2020.8.29(土)

20:30開演


<見果てぬ夢を見る Final Concert>

川村 敬一 星降る高原のコンサート

ソプラノ : 丸山 恵美子

クラリネット : 川村 慎敬

ピアノ : 大杉 祥子

2020年8月29日(日) 20時00分 開演

萌木の村 オルゴール博物館 ホール・オブ・ホールズ

プログラム

Ich liebe dich (汝を愛す)                       Beethoven

Ich liebe dich (汝を愛す)               Grieg

Nur wer die Sehnsucht kennt (ただ憧れを知る者のみに)      Schubert

Nur wer die Sehnsucht kennt (ただ憧れを知る者のみに) Falls

Clarinetto Sonata No.1 第4楽章             Brahms

「7つのスペイン民謡」   

Jota (ホタ)                           Falla

「ウェルテル」   

Ah,non mi ridestar(何故に我を悩ますや)            Massenet

「ワリー」

Ebben... n’andrò lontana(さようなら故郷の家よ)          Catalani

「南太平洋」  

Some Enchanted Evening(魅惑の宵)                  Rodgers                  

Alla Turca Jazz(トルコ風ジャズ)           Mozart-Say      

「ウエストサイドストーリー」    Maria(マリア)                     Bernstein

「椿姫」  

Brindisi(乾杯の歌)-2重唱-             Verdi

「ラマンチャの男」

The Impossible Dream(見果てぬ夢)         Lee



2020年8月22日(土)

東京シティオペラ協会特別公演 -今再び 心に音楽を-

公演は無事終了いたしました。

ご来場いただきました皆様、関係者に深く感謝いたします。


オペラ 真夏のカーニバル

2020年8月22日(土)3公演 たましんRISURUホール(旧立川市市民会館)小ホール

JR南武線西国立下車徒歩7分/JR中央線・青梅線立川下車徒歩13分/多摩モノレール立川南下車徒歩12分

入場料:各幕3,000円(全席自由)

(ご来場の際には、マスクをご用意ください)

〔第一幕〕11:30開場12:00開演

〔第二幕〕13:45開場14:00開演

〔第三幕〕15:45開場16:00開演

出演

〔第一幕〕

 大西啓善(テノール) 大橋郡子(ソプラノ) 小宮順子(ソプラノ)

 下村将太(テノール) 田中彰子(ソプラノ) 原口正子(ソプラノ) 三浦義孝(テノール)

〔第二幕〕

 井上知里(ソプラノ) 浦野なつき(ソプラノ) 川村 敬一(テノール)

 小宮順子(ソプラノ) 清水良一(バリトン) 髙井千慧子(ソプラノ) 髙橋陽子(ソプラノ)

〔第三幕〕

 秋山隆典(バリトン) 浅野和馬(テノール) 加藤 麻子(メゾゾプラノ)

 川村 敬一(テノール) 神田宇士(バリトン) 杉原良子(ソプラノ) 丸山恵美子(ソプラノ)

 司会:川村敬一  ピアノ:大杉祥子/金子渚

主催:東京シティオペラ協会/お問合せ:042-307-5500

Mail:info@keimp.co.jp